Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
時計
RECOMMEND
1996年の音楽シーンをまとめてみた〜その3〜
category: 90年代の音楽 | author: hashimotosan
0
    久々にカレーが食べたくなって、いっぱい作ったんで友達呼んで食べてもらったら、かなり辛いらしい(笑)
    まぁ確かに唐辛子結構いっぱい入れたけど、辛くないカレーなんか絶対嫌ですね。
    昔からウチのタバスコの消費量すごかったしなぁ。
    わさびも山椒も好きだし。
    今日はこれから韓国料理食べに行きます。

    さて2回にわたって1996年の音楽シーンについて振り返ってきましたが、今回で完結編です。
    今回は音楽批評家的に評価された作品を主に取り上げてみたいと思います。
    ビルボードのランキングに入ってきたり、グラミーを受賞したわけではないものの、その音楽性が高く評価された作品を紹介したいと思います。
    まずはこの年にデビューした彼らから。


    ベル・アンド・セバスチャンの「The State I Am In」です。
    スコットランド、グラスゴーで結成されたバンドで、この曲も収録された「Tigermilk」を限定リリースしデビューしました。
    後にグラスゴーサウンドとも呼ばれる、穏やかで少し寂し気なポップサウンドを確立し、後に続くバンドに大きな影響を与えました。
    同じ年に「If You're Feeling Sinister」をリリースし、正式にデビューしました。
    僕はベルセバのサウンドが大好きで、特に「If You're Feeling Sinister」は傑作だと思います。
    心が浄化されるようなピュアなサウンドと、甘酸っぱい歌詞が青春を感じさせてくれますね。
    そんな綺麗な青春時代なんかなかったんですが(笑)
    この曲は彼らの名刺代わりのような曲で、歌詞はかなり赤裸々な内容が綴られていて面白いですね。


    ケミカル・ブラザーズの「Setting Sun」です。
    UKのアンダーグラウンドシーンで注目を集めていたDJ2人組がデビューしたのが95年。
    当時はアンダーワールドやプロディジーなど、エレクトロシーンが活気づいていた時期でした。
    そこに投下されたのがこの曲でした。
    絶対王者的な存在だったオアシスのノエル・ギャラガーをゲストボーカルに迎えた時点である種の事件なんですが、アシッド・ハウスにロックの要素が色濃く出たビッグ・ビートと呼ばれるサウンドが全世界に広まるきっかけになった曲でもあります。
    バキバキのビートが終始鳴りっぱなしで、当時のどのロックよりもロックンロールなアンセムですよね。
    ビートルズの「Tommorow Never Knows」を意識して作られているのはあまりにも有名ですね。


    アンダーワールドの「Born Slippy .NUXX」です。
    86年から活動を続けるUKのエレクトロユニットである彼らの出世作がこの曲です。
    ダニー・ボイル監督作品の大ヒット映画「トレインスポッティング」のエンディングで使用されたことで一躍注目されました。
    この映画のサントラには当時のUKシーンを代表する面々が大集合していて、若者たちに熱狂的な人気を集めていた映画ということもあり、アンダーワールドは突如メジャーシーンでも知られるようになりました。
    この曲は映画の内容と同様、ドラッグ中毒者について書かれた曲と言われています。
    疾走感のあるサウンドは、行く当てのない逃避行を表しているような印象ですね。
    ひたすらにテンションが上がる曲ですよね。


    DJシャドウの「Midnight in a Perfect World」です。
    ヒップホップ史に燦然と輝く金字塔的アルバム「Endtroducing.....」が発表されたのが96年でした。
    ターンテーブルとミキサーのみで作られたこのアルバムは、それまで誰も聴いたことのない実験的なサウンドでした。
    全ての音がサンプリングによって構築されていて、50万枚以上のレコードから選ばれた音が、何層にも重ねられて1つの曲になっているという、考えてだけでも気が遠くなるような地道な作業によって作られています。
    この曲を含め、アルバム全体のトーンはとても無機質で冷たい印象です。
    ループされるリズムは非常に淡々としていて、一切の感情が入っていないようにすら感じます。
    ただその世界はとんでもなく美しいです。
    孤独と耽美が同居したような素晴らしい芸術作品のようなアルバムですね。


    僕が最も好きなラッパー、ジェイZの「Can't Knock the Hustle」です。
    現在もキングとして君臨している彼の記念すべきデビュー作「Reasonable Doubt」がリリースされたのも96年です。
    彼の凄さはこのアルバムを聴けば一発でわかります。
    聴けばすぐにわかる個性的な声、流れるように滑らかなフロウ、隠喩を巧みに使ったリリック、パンチのあるフレーズ選びなど、どれをとってもトップクラスのラッパーですね。
    そんな彼のデビュー作は大きなヒットこそしなかったものの、今も伝説的な名盤として語り継がれています。
    高校の同級生でもある当時のキング、ノトーリアスB.I.G.も参加していて、ビギーが亡くなった今では、キングの座を引き継いだような意味合いも持っている作品なのかなとも思いますね。
    この曲はメアリー・J・ブライジをゲストに迎えたアルバムの1曲目で、スムースなトラックと若いながらも既に貫禄十分な2人の掛け合いも見事な名曲です。
    アルバムの内容は地味と言えば地味なんですが、当時のニューヨークの空気感を伝えるクラシックアルバムとして、僕も彼の作品の中でも1,2を争うほど好きなアルバムです。

    さぁ96年の音楽シーンを振り返りましたがいかがだったでしょうか。
    もちろん他にもたくさんの名曲があるんですが、個人的に好きなものを挙げさせてもらいました。
    96年はちょっと触れましたが、アメリカの経済が非常に好調な時期で、音楽にもそのパワーや元気が反映されていたように感じましたね。
    そして2パックの死もあり、ヒップホップが色んな意味でメジャーになっていった時期でした。
    様々なジャンルの音楽で、ヒップホップの要素が取り入れられ始めましたね。
    さらにUKを中心としたエレクトロシーンが活性化した時期でもありますね。
    みなさんも20年前の音楽を聴いてみてはいかがでしょうか。

    本日のBGM:Jay-Z 「Dead Presidents 供
    comments(1) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
    1996年の音楽シーンをまとめてみた〜その2〜
    category: 90年代の音楽 | author: hashimotosan
    0
      今日は毎週恒例ビルボードのチャート発表・・・のはずなんですが、なぜだか更新されません(笑)
      なのでこっち行きます。
      前回1996年の音楽シーンを振り返ってみましたが、今回もその続きです。
      今回はまずこの年のグラミー賞の主要なノミネーションと受賞作品を見てみたいと思います。
      翌97年の2月に開催された第39回グラミー賞の主要4部門を見てみましょう。

      Record of the Year
      ・Eric Clapton 「Change the World」
      ・Tracy Chapman 「Give Me One Reason」
      ・Celine Dion 「Because You Loved Me」
      ・Alannis Morissette 「Ironic」
      ・The Smashing Pumpkins 「1979」
      Album of the Year
      ・Celine Dion 「Falling into You」
      ・Beck 「Odeley」
      ・The Fugees 「The Score」
      ・The Smashing Pumpkins 「Mellon Collie and the Infinite Sadness」
      ・Various Artists 「Waiting to Exhale: Original Soundtrack Album」
      Song of the Year
      ・Eric Clapton 「Change the World」
      ・Tracy Chapman 「Give Me One Reason」
      ・Celine Dion 「Because You Loved Me」
      ・LeAnn Rimes 「Blue」
      ・Whitney Houston 「Exhale (Shoop Shoop)」
      Best New Artist
      ・LeAnn Rimes
      ・Garbage
      ・Jewel
      ・No Doubt
      ・Tony Rich Project
      Most Nominees
      ・12ーBabyface
      ・7ーThe Smashing Pumpkins
      ・5ーCeline Dion, Tracy Chapman, Vince Gill

      この年の主役は83年のマイケル・ジャクソンの記録に並び最多の12部門でノミネートされたベイビーフェイスでしたね。
      プロデュースしたエリック・クラプトンの「Change the World」や、R&B部門での受賞も含め4部門を獲得しました。
      そして最優秀アルバム賞はセリーヌ・ディオンが獲得しました。
      これは今考えてもうーんと疑問に思ってしまいますね。
      他のメンツが素晴らしいだけに、なんか守りに入った感が否めないですよね。
      この頃のグラミーがいかに保守的だったかを象徴する出来事でした。
      それでは他の候補作も含めいくつか聴いてみましょう。


      スマッシング・パンプキンズの「1979」ですね。
      90年代を代表するオルタナロックバンドである彼らの最大のヒット曲です。
      「Mellon Collie and the Infinite Sadness」は95年の10月リリースなんですが、96年にかけてヒットし、なんと1000万枚以上をセールスするモンスターアルバムになります。
      ビリー・コーガンは間違いなく天才なんですが、このアルバムを聴くとそんな彼の頭の中を覗いたような感覚になります。
      28曲もある収録曲は非常にバラエティに富んだ内容で、感情の起伏というかサウンドの起伏が激しいです。
      それらの曲にうっすらと漂う寂しげな雰囲気と統一感は、タイトルが表す通り「メロンコリー そして終わりのない悲しみ」というところだと思います。
      この曲は淡々と刻まれるリズムに、感情の無いような冷めたサウンドがなんとも印象的な曲ですね。
      歌詞もどこか悲壮感が漂う、何かをあきらめたような非常に抽象的な内容です。


      この人も天才、ベックの「Where It's At」です。
      94年に衝撃のデビューを果たして以来、今なおシーンに刺激を与え続けているベックですが、96年に傑作「Odelay」をリリースしました。
      個人的にはベックの数ある作品の中でもトップクラスに好きなアルバムで、今でもたまに聴いていますね。
      音楽マニアでもある彼ならではの、幅広いジャンルの音楽からのエッセンスを一緒くたにしたサウンドが、本当に衝撃的でした。
      ロック、ブルース、R&B、ジャズ、カントリーからヒップホップまで、音楽に制限はないんだとこのアルバムを聴くと改めて感じます。
      この曲はシュールな世界観のビデオも含め、彼のセンスが抜群の1曲です。
      一体この1曲の中にどれだけの要素を詰め込めば気が済むんだというほどのごちゃ混ぜっぷりが最高です。
      ベックはこの年のグラミー賞で2部門を獲得しています。


      フージーズの「Fu-Gee-La」です。
      ハイチの移民であるワイクリフ・ジョンを中心に結成された3人組で、ヒップホップに彼らのルーツであるカリブやレゲエの要素が加わった独自のサウンドで人気を博しました。
      中でも存在感があったのがやはり紅一点ローリン・ヒルで、後にソロとして大スターになりますが、フージーズとしても彼女の歌の力、ラップの存在感はずば抜けてましたね。
      96年にリリースされた2枚目のアルバム「The Score」は特大ヒットとなり、この年世界で最もヒットしたアルバムになりました。
      ロバータ・フラックのカバー「Killing Me Softly」も大ヒットになったんですが、個人的にはこの曲が好きですね。
      彼らの良さが全部詰め込まれたような1曲で、サラーム・レミが手掛けたレゲエ風のサウンドはどことなく不気味。
      このアルバム全体に漂う雰囲気もこんな感じで、どこか幻想的というか不気味なんですよね。
      この年彼らはグラミーで2部門を獲得しています。


      マックスウェルの「Ascension (Don't Ever Wonder)」です。
      95年にディアンジェロがデビューすると、R&Bの世界では「ネオソウル」というジャンルが一気にメジャーとなります。
      その流れを本流へと導いたのが96年のマックスウェルの「Maxwell's Urban Hang Suite」でした。
      生音が主体のR&Bはこれまでにもありましたが、ここまで洗練されたサウンドのものは中々なかったと思います。
      アルバムタイトル通り、都会的で上質な世界観のまさに大人のためのR&Bですよね。
      シャーデーが閉めていった部屋の鍵を開けたのはマックスウェルでしたね。
      実際シャーデーのバンドメンバーであるスチュアート・マシューマンも制作に携わっています。
      この曲はシングルカットされ、彼を一躍知らしめるきっかけになった曲ですよね。
      勝手に体が動いてしまうような滑らかなリズムが最高に気持ちいい曲です。


      シェリル・クロウの「If It Makes You Happy」です。
      彼女が2枚目のアルバム「Sheryl Crow」を発表したのが96年でした。
      この曲はファーストシングルでリリースされヒットし、彼女の曲でも最も有名な曲の一つですよね。
      ファーストに比べ骨太なサウンドというか、よりロックの要素が強くなった印象ですね。
      僕は彼女の曲は車の中や旅の途中で聴きたくなるんですよね。
      この曲の歌詞は、彼女が酔った状態ででたらめに書いたという話もあるんですが、確かによくわかんないです。
      でも一緒にツアーやレコーディングをしてきた仲間のことを歌ったとも言われています。
      僕が旅先で聴きたくなるのも、この曲に彼女たちの放浪の旅の思い出や、これからの未来への期待や不安のようなものが詰まっているからなのかもしれません。

      さて、5曲ほど聴いてきましたがいかがでしょうか。
      僕にとってこの頃はちょっと洋楽をかじり始めたような時期なので、とても懐かしいですね。
      車のラジオのFMから流れてくるこういった曲が、ちょっと大人の世界への入り口のようなイメージでしたね。
      今回はここらへんにしまして、次回は音楽批評家に評価された曲をいくつか振り返りたいと思います。

      本日のBGM:Mariah Carey 「Always Be My Baby」
      comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
      1996年の音楽シーンをまとめてみた〜その1〜
      category: 90年代の音楽 | author: hashimotosan
      0
        今日は今シーズン初めて雪が降りましたね。
        もう雪でテンション上がる年齢ではないので、ひたすら嫌ですね(笑)
        さて先週に過去のある1年を取り上げて、その1年の音楽シーンを振り返る企画をしましたが、今回はその第2弾です。
        今回は今から20年前の1996年にスポットを当ててみたいと思います。
        日本では小室ファミリーが最盛期を迎えていて、GLAYやL'Arc〜en〜Ciel、LUNA SEAなどのバンドも人気を得ていました。
        あとはミスチルが無双状態でしたね。
        世界に目を向けてみるとどんな音楽が時代を築いていたのでしょうか。
        今回もまずはビルボードの年間シングルランキングをチェックしてみましょう。

        Billboard Hot 100 Year End 1996
        1. Los del Rio 「Macarena (Bayside Boys Mix)」
        2. Mariah Carey & Boyz Men 「One Sweet Day」
        3. Celine Dion 「Because You Loved Me」
        4. Tony Rich Project 「Nobody Knows」
        5. Mariah Carey 「Always Be My Baby」
        6. Tracy Chapman 「Give Me One Reason」
        7. Bone Thugs-N-Harmony 「Tha Crossroads」
        8. Donna Lewis 「I Love You Always Forever」
        9. Toni Braxton 「You're Makin' Me High」
        10. Keith Sweat 「Twisted」
        11. Quad City DJ's 「C'mon N' Ride It (The Train)」
        12. Everything But the Girl 「Missing」
        13. Alanis Morissette 「Ironic」
        14. Whitney Houston 「Exhale (Shoop Shoop)」
        15. Gin Blossoms 「Follow You Down」
        16. Brandy 「Sittin' Up in My Room」
        17. 2Pac feat. Dr. Dre 「California Love」
        18. Celine Dion 「It's All Coming Back to Me Now」
        19. Eric Clapton 「Change the World」
        20. LL Cool J feat. Boyz Men 「Hey Lover」

        さぁいかがでしょうか。
        1位には空前絶後の大ブームとなったマカレナが獲得しました。
        あとはマライア・キャリーやセリーヌ・ディオン、ホイットニー・ヒューストンなどの歌姫が強いですね。
        これより下位も含めると、他にもアラニス・モリセットやジュエルなど、女性シンガーソングライターも多く入っています。
        そしてこの頃はR&Bやヒップホップ勢がかなり強いですね。
        パフ・ダディー率いるバッドボーイレコーズが全盛期ですね。
        翌97年にビギーが射殺されてしまいますが、東西のヒップホップ抗争が激しかった頃ですね。
        ではこういったヒット曲の中から個人的におススメの曲を何曲か聴いてみましょう。


        ブラックストリートの「No Diggity」です。
        90年代を代表する男性R&Bグループの最大のヒット曲で、ラッパーとしてドクター・ドレーをフィーチャーしています。
        テディ・ライリーが手掛けるトラックがあまりにも印象的ですよね。
        不気味に繰り返されるフレーズと声、冷たいピアノの音。
        究極的にシンプルな楽曲なんですが、非常に中毒性がありますね。
        この曲ホントにたまに無性に聴きたくなるんですよね。
        こんな不思議な曲が全米1位を獲得したというのも凄いことだなと思います。


        ジニュワインの「Pony」ですね。
        これもホント大好きな曲ですね。
        以前アリーヤについて書いたことがありますが、96年に「One in a Million」をリリースしたことで、そのプロデューサーであるティンバランドの名は世界中に広まります。
        そのティンバランドがアリーヤの次に手掛けたのがジニュワインでした。
        人の声を使った変態的なトラックが超強烈なこの曲は、特に大きなヒットになりました。
        これ邦題が「わんぱくポニー」と超絶ダサいことでも有名です(笑)
        まぁ確かに自分のイチモツをポニーに例えて乗ってみなよみたいな曲なんで、直接的な表現は避けたんでしょうけど。
        わんぱくって(笑)


        スウェーデンのバンド、カーディガンズの「Lovefool」です。
        スウェーデンってIKEAなどの欧風家具や、緑と水の豊かな、どこかおしゃれな国というイメージがありますが、ABBAをはじめとする良質なポップ文化を育んでいる国としても知られています。
        アメリカやイギリスで生まれたものとはどこか違う、ゆるーいポップが彼らの特徴でしょうかね。
        95年に「Carnival」でブレイクすると、この「Lovefool」でさらなる広がりを見せました。
        当時のビルボードのチャートの改正によってHot 100でのランクインはなかったんですが、Hot 100 Airplayでは1位を獲得するヒットになりました。
        この曲は日本でもラジオを中心にヒットして、当時渋谷系と呼ばれる若者に特に人気でした。
        カフェなんかでかかってるようなおしゃれな雰囲気が、流行に敏感な若者にウケたみたいです。
        可愛らしい声とキャッチーなメロディーで、ポップソングとして最高に優れている1曲だと思います。


        クァッド・シティ・DJsの「C'mon N' Ride It (The Train)」ですね。
        フロリダ州出身のグループでこの年にこの曲で突然ヒットを飛ばしました。
        マイアミベースというヒップホップの一種の曲なんですが、この当時こういったダンサブルな曲が一部で流行してました。
        その現象の象徴のような曲なんですが、ただひたすらに踊りまくれと言わんばかりのノリノリの曲ですよね。
        年間1位のマカレナもそうなんですが、こういった能天気なダンスチューンが流行したのって、少なからず経済と関連してるのかなと思いますね。
        当時のアメリカは非常に好景気で、いわゆるバブル経済のような状態でした。
        2000年にそれは崩壊し景気は悪化していくんですが、96年は誰もが踊りたくなるウハウハな景気の時代だったからこそ、こういった曲が流行ったのかもしれませんね。
        まぁ曲としてもバリー・ホワイトの曲を下敷にした、とてもよく出来だダンスチューンだとも思うんですが。
        良い意味で下品というか(笑)、僕はこの曲大好きですね。


        2パックの「California Love」ですね。
        この当時の西海岸ヒップシーンのキングがこの2パックでした。
        そんな彼が同じ西海岸の首領であるドクター・ドレーと組んだのがこの曲です。
        もうヒットしない要素が1つもない完璧な1曲だと思いますね。
        今も西海岸、カリフォルニアのアンセムになってます。
        ヴォコーダーを使ったロジャーの声も非常に印象的ですよね。
        しかしこの年の9月に何者かに射殺されてしまい、東西抗争は一旦モヤモヤしたまま終結を迎えることになります。
        東西のキングを相次いで銃撃で失ってしまったことで、ヒップホップは危険というイメージが付いてしまったのも残念ですよね。

        さぁこの年にヒットした曲を中心に振り返ってきましたが、またまた長くなってきましたね。
        続きは次回にしたいと思いますが、次回はこの年のグラミー賞をにぎわせた曲たちを中心に振り返りたいと思います。

        本日のBGM:Busta Rhymes 「Woo Haa!! Got You All in Check」
        comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
        PR
        SELECTED ENTRIES
        CATEGORIES
        ARCHIVES
        RECENT COMMENTS
        LINKS
        PROFILE
        OTHERS
        SEARCH