Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
時計
RECOMMEND
<< トマト祭り | main | London Closed >>
スポンサーサイト
category: - | author: スポンサードリンク
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | PAGE TOP↑
    2012 MTV Video Music Awards
    category: - | author: hashimotosan
    0

      日本時間では本日開催された毎年恒例のビッグイベント、MTV Video Music Awards!

      毎年超豪華なアーティストによるパフォーマンスが見所ですが、今年もすごかったですね。

      賞の行方も交えつつパフォーマンスを中心に振り返ってみたいと思います。

      まずアワードのオープニングを務めたのはRihanna!

      真っ赤な衣装でゴージャスな椅子に座って登場し、「Cockiness (Love It)」を披露しました。

      こんな変態なトラックも彼女の手にかかるときちっとポップになるところはさすがですよね。

      途中からはシングルでフィーチャーされているA$AP Rockyも加わり、Rihannaはお客さんの群がる中へ。

      「We Found Love」のイントロが流れるとものすごい盛り上がりでした。

      この日ハウスアーティストとして授賞式を盛り上げたCalvin HarrisもDJとして参加し、大量の風船が降ってくると会場は早くもクライマックスのようなテンション。

      サマソニのエンディングを思い出しました。

      この日最初の賞、Best Pop VideoをKaty Perryが発表!

      One Directionの「What Makes You Beautiful」が獲得しました。

      続いてP!nkが登場し、「Get the Party Started」をイントロに「Blow Me (One Last Kiss)」をパフォーマンスしました。

      力強い歌声とアクロバティックなステージングで会場を沸かせました。

      続いて発表されたBest Male VideoはChris Brownの「Turn Up the Music」が獲得しました。

      ChrisとRihannaが久々にハグをしていたのが印象的でしたね。

      本当に復縁はあるんでしょうか。

      そして個人的にこの日最も注目していたFrank Oceanのパフォーマンス。

      「Thinkin' Bout You」をギターだけで披露し、切ない歌声が会場を包んでましたね。

      燃えさかる炎をバックに、月が見下ろす秋を思わすような幻想的なステージで彼のファルセットが響くパフォーマンスは本当に心を打ちました。

      やはり彼は人を魅了する声の持ち主だなと改めて思いましたね。

      続いて発表されたBest Hip-Hop VideoはDrakeの「HYFR」が獲得。

      今回最多の5部門にノミネートされたいたDrakeですが、この部門のみに留まりました。

      そしてBest Female VideoはNicki Minajの「Starships」が獲得。

      BeyoncéやKaty Perry、Rihannaといった強豪を抑えて獲得したわけですから、Nickiの勢いが感じられますよね。

      続いてOne Directionが「One Thing」をパフォーマンス。

      どこまでもアイドルらしい若さと勢いに溢れたパフォーマンスでしたね。

      女の子達のキャーキャー声で歌声がちょっと聴き取りにくいほどでした。

      彼らは早くも11月に2枚目のアルバムをリリース予定で、さらに人気が爆発しそうですね。

      続いて現在人気急上昇中の2 ChainzがLil Wayneと共に「Yuck」を披露、そしてLil Wayneはそのまま自身の新曲「No Worries」を初披露しました。

      いつも通り放送禁止用語連発で、その部分が無音になるので何を言っているのか分かりませんでした(笑)

      そして出演も心配されたGreen Dayは新曲「Let Yourself Go」を披露。

      喉はそこまで問題なかったようで、安定のパフォーマンスでした。

      続いてBest New Artistが発表され、One Directionが獲得し、彼らはこの日3つ目の賞で最多受賞者となりました。

      そしてThe Fierce Fiveと呼ばれる女子体操チームに紹介されAlicia Keysが登場。

      新曲「Girl On Fire」を初披露しました。

      旦那さんのSwizz Beatzに肩車された息子君も見守る中、力強い歌声で一気に会場は彼女のワールドへ。

      Nicki Minajもラップで加わり、さらにその歌詞の中に"And I got 'em aggy because I win the gold like Gabby"とラップされている、女子体操の個人総合で初の黒人金メダリストとなったGabby Douglasも華麗な舞を披露。

      豪華な共演となりました。

      そしてメインイベントVideo of the Yearの発表!

      Rihannaの「We Found Love」が獲得!女性では初の2度目の受賞となりました。

      「Umbrella」で5年前に獲得して以来、男性を含めるとEminemも2度受賞してます。

      Rihannaはかなり髪が短くなってましたね。

      アワードの最後を締めるのはTaylor Swift。

      「We Are Never Ever Getting Back Together」をパフォーマンスしました。

      ミュージカルを観ているかのような大所帯でのダンスもあり、大盛り上がりで式は終了しました。

      という盛りだくさんの内容でした。

      今回は日本では生放送ではなかったので、ほぼパフォーマンスしか観れてません。

      O.A.は23日なので楽しみにしていましょう。


      本日のBGM:Alicia Keys feat. Nicki Minaj 「Girl On Fire (Inferno)」

      comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
      スポンサーサイト
      category: - | author: スポンサードリンク
      0
        - | - | PAGE TOP↑






        この記事のトラックバックURL : http://miwazugirai.jugem.jp/trackback/529
        PR
        SELECTED ENTRIES
        CATEGORIES
        ARCHIVES
        RECENT COMMENTS
        LINKS
        PROFILE
        OTHERS
        SEARCH