Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
時計
RECOMMEND
<< 12月3日付Billboard Hot 100 | main | 12月10日付Billboard Hot 100 >>
第59回グラミー賞 ノミネート予想 その2
category: グラミー賞 | author: hashimotosan
0

    今回は第59回グラミー賞のノミネーション予想の第2弾です。

    まずはSong of the Yearの予想です。

    この部門は優れた楽曲を書いたソングライターに贈られる賞です。

    例年Record of the Yearとよく似たノミネーションになるんですが、贈られる対象が違うという事です。

    昨年度はEd Sheeranの「Thinking Out Loud」が受賞しました。

    その後Marvin Gayeの遺族がこの曲が「Let's Get It On」に酷似してるとして訴えを起こすなんてこともありましたが、ちょっと強引な気もしますよね。

    個人的には参考の範囲内かなと思います。

    ではSong of the Yearにノミネートされる可能性がある楽曲を何曲か挙げてみましょう。

     

    Adele 「Hello」

    Justin Bieber 「Love Yourself」

    Beyoncé 「Formation」

    Drake feat. WizKid & Kyla 「One Dance」

    Lukas Graham 「7 Years」

    Sia 「Cheap Thrills」

    Thomas Rhett 「Die A Happy Man」

    Rihanna feat. Drake 「Work」

     

    こんな感じですかねぇ。

    この部門は毎年予想が難しい部門です。

    では個人的な予想に行きたいと思います。

     

    ・Adele 「Hello」

    ・Justin Bieber 「Love Yourself」

    ・Beyoncé 「Formation」

    ・Lukas Graham 「7 Years」

    ・Thomas Rhett 「Die A Happy Man」

     

    以上の5曲にしてみました。

    AdeleBeyoncéはRecord of the Yearに引き続きノミネートされるでしょう。

    そしてJustin Bieberも同じくRecord of the Yearに引き続き、そして作曲者のEd Sheeranは2年連続でノミネートされる可能性が十分あると思います。

    そしてLukas Graham

    彼らは本当に楽曲の良さが徐々に広まっていって大ヒットに繋がりました。

    歌詞の内容も含め、とても面白い楽曲なのでノミネートされると予想しました。

    あとは例年この部門ではカントリーが結構強いんですよね。

    ということで今年のカントリー最大のヒット曲のThomas Rhettを選んでみました。

    とにかくしつこいくらい相手の女性を褒めたたえてる曲ですね。

    Siaももちろん有力候補なんですけどねぇ。

     

    では続いてBest New Artistの予想です。

    この部門は最優秀新人賞、つまりその年の最も優れた新人に贈られる賞です。

    昨年度はMeghan Trainorが受賞しました。

    これはちょっと予想外でしたね。

    そして今回からその新人の対象が少し変更されました。

    これまでは少なくともアルバムを1枚リリースしていないと対象にはならなかったんですが、5曲以上30曲未満の楽曲をリリースしていれば新人の対象になることになりました。

    最近はストリーミングでのリリースも多く、アルバム単位での発表をしないアーティストも増えてきてますから、それへの措置でしょうね。

    ではこの部門にノミネートされそうなアーティストを何組か挙げてみましょう。

     

    Chance the Rapper

    Anderson .Paak

    Alessia Cara

    Bryson Tiller

    Halsey

    Jack Garratt

    Lukas Graham

    Shawn Mendes

    Maren Morris

    The 1975

     

    こんな感じでしょうか。

    今年は面白い新人が多く出てきた印象ですね。

    Chance the Rapperなんかは新人と呼べるか微妙ですが、グラミーのルールだと新人の候補として対象になるので有力ですね。

    それでは個人的な予想に行きたいと思います。

     

    ・Chance the Rapper

    ・Alessia Cara

    ・Halsey

    ・Lukas Graham

    ・Maren Morris

     

    以上の5組にしました。

    Chance the Rapperは今年を象徴するアーティストの一人ですよね。

    無料でのリリースなども含め、既存のルールにとらわれないスタイルも非常に面白い存在です。

    Alessia CaraはBBCのSound of 2016で2位になったり、「Here」が大ヒットしたりと耳にする機会も多く、とても今後が楽しみなシンガーですよね。

    Halseyはやはり現在大ヒット中のThe Chainsmokersとの「Closer」がデカいですよね。

    アーティストとしても個性的で面白いのでノミネートされる可能性は十分にあると思います。

    そしてLukas Grahamはこの部門でも有力候補ですかね。

    最後に選んだのはMaren Morrisです。

    彼女はカントリー界の新星なんですが、先日のカントリー・ミュージック・アワードで新人賞を獲得しています。

    とても可愛らしい今どきのポップなカントリーシンガーという感じですね。

    今年は本当に優秀な新人がとても多かったので悩んだんですが、こんな予想にしてみました。

    人気の面でいうとShawn Mendesが群を抜いて凄いんですが、グラミーではどうなんだろうという感じですかねぇ。

    昨年度はCourtney Barnettがノミネートされましたが、個人的な希望としては彼女のようなインディー系のアクトもノミネートされてほしいですね。

    次回はAlbum of the Yearの予想をしたいと思います。

     

    本日のBGM:Mitski 「Your Best American Girl」

    comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
    スポンサーサイト
    category: - | author: スポンサードリンク
    0
      - | - | PAGE TOP↑






      この記事のトラックバックURL : http://miwazugirai.jugem.jp/trackback/768
      PR
      SELECTED ENTRIES
      CATEGORIES
      ARCHIVES
      RECENT COMMENTS
      LINKS
      PROFILE
      OTHERS
      SEARCH