Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
時計
RECOMMEND
<< 2018年上半期 個人的ベストアルバム50 25〜1 | main |
スポンサーサイト
category: - | author: スポンサードリンク
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | PAGE TOP↑
    2018年上半期 個人的ベストEP
    category: - | author: hashimotosan
    0

      前回のベストアルバムの記事、たくさん読んで頂いてるみたいで嬉しいです。

      というわけで今回は今年の上半期の個人的にベストなEPをいくつか挙げてみたいと思います。

      最近はKanye West関連のリリースで7曲入りのミニアルバムという形が流行の兆しを見せてますが、個人的にはよく分かりません(笑)

      そもそも何曲からアルバムで何曲までがEPなのかもよく分からないんですが、一応リリースした本人やメディアがEPとして扱っているものを対象にしました。

      大体が4〜7曲くらいですかね。

      ではまた長いとは思いますが最後までお付き合いください。

      どうぞ!

       

      16. Oscar Jerome 「Where Are Your Branches?」

       

      サウスロンドンベースのアーティスト、Oscar Jeromeの2作目となる新作EP。

      ここ数年で一気に活気づいてきたサウスロンドンからの新たな才能。

      ジャズとヒップホップとエレクトロの絶妙すぎるブレンド具合。

      ヒップホップを自然に聴いて育ったGeorge Bensonみたいな。

      ギターのフレーズのチョイスとか色々とセンス良すぎ!

       

      15. Oklou 「The Rite of May」

       

      フランス出身でロンドンベースのプロデューサーでシンガーのMarylou Maynielによるプロジェクト、Oklouの新作EP。

      終始緊張感の漂う無駄のないサウンドプロダクションが光るエレクトロソウル。

      SZAにも通じるダウンテンポなR&Bの色気と、ドライなヴォーカルの無機質な感触がとにかくクール。

      Kelly Lee OwensやDawn Richardsあたりと共に、今後の先鋭的なR&B〜エレクトロサウンドを盛り上げていってくれそうな存在。

       

      14. Buzzy Lee 「Facepaint」

       

      LAベースのシンガー、Sasha Spielbergによるソロプロジェクト、Buzzy LeeのデビューEP。

      美しさと儚さと奇抜さが入り混じったアヴァンギャルドポップス。

      なんとも不思議な響きは、Nicolas Jaarがプロデュースしてると聞いて完全に納得でしたね。

      世界的な映画監督のSteve Spielbergを父に持つというバックグラウンドも含めて、何か只ならぬオーラを感じる。

       

      13. St. Beauty 「Running to the Sun」

       

      アトランタベースでJanelle Monáeのレーベル所属の女性デュオ、St. BeautyのデビューEP。

      R&Bを軸にファンクやレゲエのリズムを取り混ぜたハイブリッドなモダンソウル。

      アフロアメリカンルーツならではの、しなやかで美しいカラフルな佇まいのサウンドがとにかく心地良い!

      黒人として、女性としての誇りや自信がサウンドに満ち溢れてる気がする。

       

      12. True Blue 「Edge Of」

       

      Porchesのベーシストとしても活動してるMaya Lanerによるソロ・プロジェクト、True BlueのデビューEP。

      ほんわかとしたゆるさがたまらないマジカルな響きのベッドルームポップ。

      Porchesと同様に絶妙な手作り感の80sシンセポップ由来のサウンドが妙にクセになる。

      ラヴリーでファンシーなヴォーカルも中毒性抜群で、どこか懐かしい感じがするところも好きですね。

       

      11. Negative Gemini 「Bad Baby」

       

      NYベースのアーティスト、Negative Geminiの新作EP。

      調度良いローファイ加減のサイケデリック・ドリーミーポップは聴けば聴くほどハマっていく感じ。

      100% Electronicaの代表、George Clantonによるプロダクションも彼女との相性抜群!

      クセの強さもポップスとしての完成度の高さも、ネクストGrimesなポジションに最も近いのは彼女だと思う。

       

      10. Hatchie 「Sugar & Spice」

       

      オーストラリアはブリスベンベースのSSW、HatchieのデビューEP。

      AlvvaysとCarly Rae Jepsenのちょうど真ん中にあるようなドリームポップ〜ギターポップ。

      キラキラなキャンディーポップスに加えたメランコリーな味付け加減が完璧!

      爽やかなそよ風が吹き抜けてくるような心地良さ!

       

      9. Yuno 「Moodies」

       

      フロリダベースのマルチアーティスト、YunoのデビューEP。

      R&B〜ヒップホップからロックやスカまで、何でもありのミックスジャンルなコンテンポラリーポップス。

      フレンドリーさとエッジの効かせ方のバランス感覚の良さね!

      ほとんどすべての楽器を一人で演奏してるというんだから驚き!

       

      8. Sudan Archives 「Sink」

       

      去年のデビュー作から早くも届いたStones Throwの新星、Sudan Archivesの新作EP。

      アフリカンルーツのパーカッシヴなリズムと、グルーヴ感のあるR&Bサウンドが融合したトライバルソウル。

      優雅なバイオリンの音色もマットなヴォーカルもオリジナリティの塊!

      彼女自身が一つのジャンルって感じ!

       

       

       

       

      7. Helana Deland 「From the Series of Songs Altogether Unaccompanied Vol. I & II」

       

      カナダはモントリオールベースのSSW、Helana Delandの新作EP。

      エレガントな音の流れとサイケデリックな響きが絶妙に共鳴したオルタナティヴポップス。

      サニーサイドとダークサイドが2曲ずつパッケージングされたような佇まい。

      そのどちらもが素晴らしくよく出来てる!

      以前Men I Trustと共演してた頃から注目してたけど、やっぱり出てきたなって感じです。

       

      6. Omar Apllo 「Stereo」

       

      インディアナ州出身のアーティスト、Omar ApolloのデビューEP。

      Steve LacyやYellow Daysなどと通じる、R&Bをベースにロックやジャズなど多ジャンルをミックスした良い意味でゴチャゴチャしたサウンド。

      それをすべて咀嚼したうえで生み出すポップスとしての完成度の高さね!

      ギタープレイヤーとしての腕もセンスも抜群!

       

      5. Bella Boo 「Fire」

       

      スウェーデンはストックホルムベースのアーティスト、Bella Booの新作EP。

      ヒプノティックなグルーヴが渦巻くチルアウト・ハウスミュージック。

      トライバルなダンスチューンからジャジーなテイストのアーバンハウスまで、そのサウンドの幅はかなりワイド!

      派手さのない淡々とした響きがとにかく心地良くてドハマりしましたね。

       

      4. Ravyn Lenae 「Crush」

       

      シカゴベースのシンガー、Ravyn Lenaeの新作EP。

      The InternetのSteve Lacyが全面プロデュースな上にボーカリストとしてもサポートという至れり尽くせりっぷり!

      この時点で最高なのは確定だけど、彼女の自由自在に高低を行き交う歌声も素晴らしいの一言。

      インディーロック色強めのR&Bとして文句なしの出来だと思う。

       

      3. Smerz 「Have fun」

       

      ノルウェーベースのデュオ、Smerzの新作EP。

      R&Bのスムースさと色気を携えたヒプノティックでドープなエレクトロ〜テクノサウンド。

      ミニマルな音構成の中で良い意味で違和感的に鳴り響くドラムマシーンの暴力的なカッコ良さ!

      間違いなくダンスミュージックではあるんだけど、敢えて人を躍らそうという意識を外した新感覚のサウンド。

      恐ろしいレベルの中毒性!

       

      2. Amber Mark 「Conexão」

       

      ニューヨークベースのシンガー、Amber Markの去年のデビュー作に続く新作EP。

      チルアウトなグルーヴにほんのりトロピカルな風味のリゾートR&Bサウンドが極上すぎてもう・・・。

      Sadeのカバーをチョイスするあたり、完璧に自分の魅力を分かってるよね。

      僅か4曲なのにこの満足感!

      今年の夏はこの作品を聴きながら夕方からお酒を飲んで過ごすことをもう決めてる。

       

      1. MorMor 「Heaven's Only Wishful」

       

      様々なメディアで今年最もヤバい新人として挙げられてるトロントベースのSSW、MorMorのデビューEP。

      この世代らしくR&Bやロック、ヒップホップなど幼い頃から聴いてきた多様なジャンルのサウンドが、無意識的にミックスされたような新感覚インディーポップ。

      パッと聴きドリーミーな印象なんだけど、ソウルフルな歌声によって凄い生々しく響いてくるのが彼のサウンドの面白いところ。

      まさに才能の塊!

       

      というわけで個人的にベストなEPを16枚ほど挙げさせてもらいました。

      どれもアルバムがより一層楽しみになる素晴らしい内容の作品ばかりでしたね。

      来年以降ここに挙げたアーティストのフルアルバムに期待です。

      今回も最後まで読んで頂いてありがとうございました!

       

       

      comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
      スポンサーサイト
      category: - | author: スポンサードリンク
      0
        - | - | PAGE TOP↑






        この記事のトラックバックURL : http://miwazugirai.jugem.jp/trackback/807
        PR
        SELECTED ENTRIES
        CATEGORIES
        ARCHIVES
        RECENT COMMENTS
        LINKS
        PROFILE
        OTHERS
        SEARCH